【Titanfall2】消耗戦用のパイロットとタイタン2

消耗戦用のパイロットを変えてみました。

パイロットは興奮剤、軍需品は電気スモークグレネードに変更。
前回はフェーズシフトを使っていました。
ですが、オルタネーターは近距離向きだと思うので、敵との距離を縮めやすい興奮剤にしてみました。
興奮剤は前線にいるミニオンに電気スモークグレネードを投げたり、前線がなかなか崩せない時に裏から襲撃したりと様々な戦術ができるので好きです。

軍需品はアークグレネードが使いこなせなかった(頻繁に被弾w)ので、試しに一度も使ったことがなかった電気スモークグレネードを使ってみました。
団体で出現したミニオンをまとめて倒せたり、通路を塞ぐことができるので、今のところ一番使いやすいです。
特にミニオンを倒すのにはとても便利だなと思いました。
ミニオンを倒そうと攻撃していると自分の位置がバレてしまうので、敵が感知してやられてしまうこともしばしば…。
なので、電気スモークグレネードを投げてその場から素早く逃げるようにしています。

全体的には、興奮剤とオルタネーターで走りながら戦いつつ、団体のミニオンが現れるor通路を塞いで逃げたい時は電気スモークグレネード…のような動きをしています。

ブーストはタイタンセントリーが使いやすいので、ずっとこれです。
上手くいくとタイタンを1〜2キルできるのですが、設置ミスをするとパイロットにすぐ壊されちゃいますw
タイタンを攻撃でき、尚且つパイロットが近づきにくいところに設置できるようになりたいです。

タイタンは前回と同じです。
(迷彩やノーズアートは変えました)
パルスエコーはとても便利で好きです。
敵パイロットやミニオンは倒しやすいのですが、トーンの動きってシンプルなので敵タイタンにバレやすい気がします。
なので、そこら辺をどう改善しようか検討中です。

広告

【Titanfall2】消耗戦用のパイロットとタイタン

最近は消耗戦をプレイしています。
フロンティアディフェンスも好きなのですが、早くもマッチングしなくなってしまったので…w
(賞金稼ぎも同上の理由でプレイできず)

消耗戦を始めた頃は右も左もわからなかったので、初期設定の武器やタイタンでプレイ。
パイロットは興奮剤が楽しそう、軍需品はファイアースターの投げる動作がかっこよかったので変更してみましたw

ですが、R-201が全然当たらない、イオンに乗っても頻繁にロデオされるというあまりにも悲惨な動きに…。
ちょうどその頃フロンティアディフェンスが実装されたので、消耗戦はやめてひたすらフロンティアディフェンスをプレイしていました。
フロンティアディフェンスも次第にマッチングしなくなってきたので、キャンペーンのマスターをプレイ。
ついでに実績も全て解除しようと思っていたのですが、ガントレットの「…教える者に」に悪戦苦闘。
ですが、ガントレットをたくさんやってみて、ジャンプの仕方とかスライディング、空中からのエイムに少しずつ慣れてきたので、ガントレットをやり直して良かったです。

最近の消耗戦用のパイロットとタイタンはこんな感じです。

R-201が使いこなせないので、武器はオルタネーターに変えてみました。
ミニオンも倒しやすく、接近戦が強いので使いやすいです。
MODはガンランナーにすると走りながら撃てるので何かと便利。

パイロットはフェーズシフトに変えました。
追われた時にフェーズシフトし、敵がいそうなところに接近したり、逃げ切ったり、壁があれば監視カメラのように壁に張り付いて狙いを定めたりと色々なことができて好きです。
(フェーズシフトが間に合わなくて昇天することも多々w)

対タイタン武器はサンダーボルトにしました。
チャージライフルは位置がバレやすくタイタンに当てにくい、アーチャーはロックオンしている間に昇天することが多かったので…。

ブーストはタイタンセントリーを使うことが多いです。
敵タイタンがたくさん出ている後半の時に、2個置きしてサンダーボルトやアークグレネードで攻撃しています。
(1個置きだとあっという間に壊されてました)
特に味方タイタンと敵タイタンが交戦している後ろに設置すると、より良さそうでした。
タレットってグレネードや重火力武器で壊せるものだと思っていたのですが、何回撃っても壊れないのにパイロットの格闘だと瞬殺で驚きましたw

軍需品は今のところアークグレネードを使用。
あまり上手く使いこなせていないのですが、敵パイロット(複数固まっていると効果的)に接近したい時に使っています。

タイタンはロデオ対策にトーンに変えてみました。トーンのメイン武器、40ミリトラッカーキャノンだと敵パイロットを倒しやすいです。
なのでロデオされる確率が結構減り、仮にロデオされても逃げたパイロットも狙いやすいです。
また、味方がロデオされている時も敵パイロットを狙いやすいです。
ですが、ADSしないと当たりにくいです。

タイタンキットは接近してくるタイタン対策に、ターボエンジンにしました。
ローニンやスコーチに接近されると打つ手がなくなってくるので、ターボエンジンで逃げつつ敵タイタンのクールダウン中を狙ってサルヴォコアを撃っています。
あと、ニュークリアイジェクト対策にも。

トーンキットはパルスエコーにして、敵パイロットの位置を特定したり、敵タイタンをロックする為に使っています。
味方にも敵の位置が見えるようなので、味方が進んだ方に撃ったりもしています。

【Titanfall2】感想

ずっと気になっていたソフトだったので、セールの時に購入しました。

結論から述べると…このゲームとても楽しいです!!
アドレナリンがドバッと出るような気分になるので、やめ時が見つからないですw

【キャンペーン】

クーパー(主人公)とBT(タイタン)中心のストーリーです。

戦闘がメインのゲームだと思っていたのですが、キャラクターの会話量が想像以上に多かったのでとても楽しかったです。
特にクーパーとBTとの会話は一方通行ではなく、十字キーでクーパーの台詞を選択することが可能。
なので、クーパーの台詞によってBTの返事が変化します。
タイタンは喋らないと思っていたので結構驚きました。
しかも、BTに関しては離れていても常に無線で支援してくれるので、ストーリーを進めるごとに「相棒」という気持ちになりました。

各ステージにはボスがいます。
ステージを進んでいる途中でもボスが喋るので、キャラクターの個性が目立って良いなと思いました。

Titanfall2は私が今までプレイしてきたFPSとは違い、ウォールラン(壁を走る)がありました。
ウォールランしないと進めないエリアが多いのですが、ゴーストが進み方を教えてくれます。
Titanfall初心者ですが、チュートリアルがしっかりしていてわかりやすかったです。

いわゆる「モブキャラ」に該当しそうな味方、ほぼ全員にも名前が表示されました。
実世界では一人ひとり名前があるのは当然ですが、ゲームだと無名のキャラクターはたくさんいます。
ですが、Titanfall2は名前が表示されるので「モブキャラ」ではなく「その人」と感じることができ、現実味が増して良いなと思いました。

パイロットでの戦闘も楽しいですが、やっぱりタイタンに乗るのは最高です!
タイタンの視覚システム、タイタンがパイロットを掴んで乗せてくれるところ、搭乗する時に喋ってくれるところ、パイロットの搭乗シーン、迫力のある戦闘、コア発動など…ロボットが好きな人ならはまると思います。
キャンペーンではBTの武器を変更できるので、地形や敵タイタンに合わせた戦術が可能。

ステージはバリエーション豊富で、グラフィックも綺麗でした。
敵を淡々と倒していくのではなく、ウォールランや戦術を使ったアクション要素が多く、プレイしていてとても楽しかったです。

収集要素は、各ステージに「ヘルメット」が落ちているのでそれを集めます。
ヘルメットは青く光っているので遠くからでもわかりやすいです。
見つけやすいものもあれば、普通にプレイしていたら気が付かないようなところに隠されているものもありました。

実績は全体的に優しめです。
ですが、「…教える者に(ガントレットのスコアボードの上位3位に入る)」は難しかったです。

四苦八苦しながらやっと解除できたので、記念に動画にしてみました。
ラスティモーサ大尉の声優さんはHALO:CEA〜HALO3のマスターチーフらしく、マスターチーフに励まされている感じがして嬉しかったですw

【マルチプレイ】

マルチプレイではパイロットの武器や戦術、タイタンなど色々カスタマイズが可能です。

対人戦はデス数が表示されないので、マルチプレイへの敷居はそこまで高くはないかなと思います。
対人戦は消耗戦と賞金稼ぎしかやっていないのですが…敵に倒された時から次の画面までの切り替えが早いので、死体への屈伸や死体撃ちをあまり見かけないのも良かったです。

最近導入されたフロンティアディフェンスは、4人で協力して敵AIを倒すルールなので、マルチプレイ初心者の人でもプレイしやすいと思います。
また、ゲーム終了時に一人ひとりの良かったところを載せてくれるという優しいシステム。

マルチプレイのタイタンはAIの音声や口調、台詞、パイロットの搭乗シーンがそれぞれ違うので楽しいです!
イオン、ノーススター、トーン、モナークが女性AI、スコーチ、ローニン、リージョンが男性AIです。
フロンティアディフェンスで色々なタイタンに乗ってみたのですが、イオンのAIが一番好きです。
搭乗時に「おかえりなさい、パイロット。」「無事に戻って良かった、パイロット。」って言ってくれるので可愛いです。
でも、スコーチの「おかえりなさいパイロット、冷房を再起動します。」も結構好きです。

緊急脱出時にはタイタンからメッセージがあります。
バリエーションが豊富らしいので、スクショして収集中。

対人戦では勢力を選択できます。
選択した勢力のキャラクターが送迎してくれたり、戦闘中色々喋ってくれます。
キャンペーンで敵側だったキャラクター(ブリスクやアッシュ、マーダー大将など)の勢力を選んでみたのですが、意外と皆優しい台詞が多くて驚きましたw

最近はヴィンソン・ダイナミクスとエンジェルシティ・エリートを選ぶことが多いです。
ヴィンソン・ダイナミクスは「アッシュの声が好き」という単純な理由から。
「…無敵ね」と言われた時は嬉しくてゾクッとしましたw
エンジェルシティ・エリートはバーカーがラフな話し方なので、なんだか居心地が良くてよく選びます。
佳日のマーヴィンはとても可愛いですね!
字幕ありにすればマーヴィンの台詞を見ることができます。
ハイタッチ!!(^^)ができないのがもどかしい!

【難点】

難点はキャンペーンはリスポーンに少し時間がかかる、マルチプレイでマッチングしにくいところ、バグがある…です。

キャンペーンでリスポーンする時、少し時間がかかります。
HALOばかりプレイしているので余計そう感じたのかもしれませんが…。

マッチングに関してはXBOX ONEでプレイしているからだと思うので、仕方ないかなとは思います。
Titanfall2はサーバーがたくさんあってオレゴンだとマッチングしやすいらしいのですが、pingが高すぎたので大人しく東京サーバーで待機。

バグはキャンペーンで何回か落ちました。
マルチプレイはまだ落ちたことがないです。

Titanfall2はロボットが好きな人にはたまらない演出が盛りだくさんです。
マルチプレイももちろん楽しいのですが、キャンペーンのストーリーがとても良かったのでプレイして良かったです!

おまけ

キャンペーンでマーヴィンがたくさん出てくるステージがあり、可愛かったのでスクショ。

【ASTRONEER】不毛で拠点作り

テランの初期拠点はぐちゃぐちゃに作ってしまったので、今回はなるべく綺麗に作ろうと思います。

整地をしたつもりが上手くできていなかったようで、ハブが変な高さに…。
ダイナマイトで破壊しようとしたのですが、ハブに乗せても起爆スイッチが表示されませんでした。
ハブにダイナマイトを乗せ、近くに置いたダイナマイトを爆破させてもハブは破壊できず。
仕方がないので、ハブをモジュール(研究所)にしてからダイナマイトで破壊しました。

横長の拠点にしてみました。
(生息地が斜めになってしまったのが心残りですが…。)
前回、資源を拠点付近にばらまいていたら結構不便だったので、中型倉庫で整理できるようにしました。

拠点付近にあった洞窟にチタンがありました。
ですが、硬い岩だったのでクレーンを作ってからリベンジ。
資源採取が楽しくていつの間にか時間が経っています。

不毛は重力が低いのか、乗り物が転倒しやすいです。
ですが、砂嵐が起きないようです。

【ASTRONEER】不毛へ出発

生息地を作ることができたので、早速不毛へ向かいました。

生息地、ソーラーパネル、風力カタービン、様々な資源を積みました。

宇宙へ飛び立つとテランが見えました。
ドーム状のところが着陸できるポイントのようです。
別の惑星に行くのには、再びオレンジ色のマークを押します。

不毛に到着したので生息地を設置。
夜は夜空や地面がキラキラ光って綺麗です。

【ASTRONEER】生息地探し

そろそろ他の惑星に行ってみたかったのですが、生息地がまだ作れなかったので洞窟へ向かいました。

未知が6個くらい見つかりました。
拠点に帰る途中、混合物があったのでこれも採取。
混合物は一番使うので、見つけたら採取しています。

やっと生息地が出ました!
生息地は中型プリンターにて、混合物2個で作ることができます。

【ASTRONEER】トラック作り

研究で「トラック」が出たので早速作ってみました

トラックを作るのにはアルミニウムが4個必要です。
アルミニウムの在庫がほとんどなかったので、慌てて洞窟探索へ。

オープン型1席、ソーラーパネル、大きな倉庫を3個設置してみました。

遠方へ行くのはもちろん、回収したアイテムをたくさん持って帰ることができるのでとても便利です!

【ASTRONEER】整地

最近、やっと整地のやり方がわかったのでやってみました。
拠点の周りは、資源を掘ったまま放置していたのでそこら中穴だらけで…w

せっかく整地するなら好きな色でやりたかったので、地形分析を使いました。
地形分析はバックパックで作ることができ、好きな色で盛ったり平らにすることができます。

地形分析を地形ツールにセットし、好きな色をしばらく掘ります。
すると、地形分析の黒かったところが青色に変化。
(多分、吸収した色になる)
画像のように満タンになったら採取終了です。

青色に変えた地形分析を使って、青色の地面になるように整地しました。
整地は、地形ツールを起動したら「平ら」が選択されるように切り替えます。
希望の高さの地面を地形ツールで吸収し、吸収したまま整地したいエリアにカーソルを合わせると、同じ高さに揃えることができました。
(コピペするような感じ)
デコボコで困っていたので、整地できて嬉しいです。

私の今現在の拠点はこんな感じです。
ハブやモジュールがよくわからなかったので、めちゃめちゃになっていますw
大きなシャトルを作ったので他の惑星へ移動はできますが、まだこの惑星を探索したいので保留…。

資源は採取したら拠点近くにばらまいているので、綺麗にしまえるような方法があればやってみたいです。

【ASTRONEER】操作方法

ASTRONEERの操作方法がやっと理解できましたw

(操作画面はローカライズされていませんが、それ以外はローカライズされています)

【通常】
LS:歩く
LS押し込み:走る
A:ジャンプ
X:乗り物に乗る、倒れた乗り物を元に戻す
RS:カメラ操作
RS押し込み:カメラのズームイン、ズームアウト
LT:カーソルを出す
RT:アイテムをつかむ、離す

【バックパック】
Y:バックパックを開く
RS:丸いカーソルを出す
RT:カーソルの確定、アイテムをつかむ
十字キー下:テザーの設置→RTで確定

【地形ツール】
X:地形ツールを起動
LT:ズーム
RT:掘る、盛る、平らにする
LB、RB:地形ツールの変更

独特な操作方法(特にRTでのカーソル操作)ですが、慣れるとシンプルで簡単です。

エリコンの設定では
P1→A(ジャンプ)
P2→Y(バックパック)
P3→LS押し込み(走る)
P4→十字キー下(テザーの設定)
にしました。

【ASTRONEER】初プレイ

ASTRONEERが面白そうだったのでインストールしてみました。
まだ開発中のゲームなので、アップデートが楽しみです。

ASTRONEERのジャンルはサンドボックスにあたると思います。
一部英語で表記されているところもありますが、ほとんど日本語対応です。

タイトル画面では、好きなキャラクターが選べます。
私はオレンジの宇宙服を着たキャラクターにしました。

最小限のチュートリアルはあるものの、「何をするのか」、「どうやったらいいのか」、「これは何に使うものなのか」という説明はほとんどありません。
ASTRONEERは「探索」がメインなので、こういったことも全て手探りで始まるようです。

何をしたらいいのかわからずウロウロしていましたが、やっと資源を見つけました。
ですが、ハブの作り方がわからず四苦八苦w
色々試していくうちにモジュールが完成しました。
試行錯誤するゲームが好きなのでとても楽しいです。

夜空が綺麗だったのでスクショ。

(スクショし忘れていたので、最近スクショしたものを使いました)
しばらくすると砂嵐がやって来ました。
砂嵐がやって来ると周囲がほとんど見えなくなります。
また、岩が飛んでくるので危険です。
(当たると昇天します)

まだまだわからないことだらけですが、地道にプレイしていきたいです!